ニコン・トリンブルは、測量機器から、3D計測、BIM、精密農業まで、生産性向上に貢献する幅広いソリューションをご提供します。

株式会社ニコン・トリンブル

ニコン・トリンブルは、測量機器から、3D計測、BIM、精密農業まで、生産性向上に貢献する幅広いソリューションをご提供します。

株式会社ニコン・トリンブル

HOME
arrowお知らせ一覧
arrow建設工事向けサーボトータルステーション「Spectra Geospatial Focus 50」リリースのお知らせ

2022.01.17

建設工事向けサーボトータルステーション「Spectra Geospatial Focus 50」リリースのお知らせ

強力追尾で建設現場を支える

建設工事向けにサーボトータルステーション「Spectra Geospatial Focus 50(スペクトラジオスペーシャル フォーカス 50)」をリリースしました。

Spectra Geospatial Focus 50製品画像

独自の電磁誘導式モーター「MagDrive™(マグドライブ)」でプリズムを強力追尾
Spectra Geospatial Focus 50は、独自のリニアモーター搭載により1秒間に90°の高速・精密な旋回が可能です。
MagDriveによって静かかつ滑らかに本体が回転し、プリズムの動きを確実に追尾。現場での現況観測や杭打ち作業をストレスなく行えます。

傾き補正システム「SurePoint™(シュアポイント)」で軟弱な地盤・長時間の設置時でも常に水平を維持
器械が傾いている状態で高い位置を計測すると大きな誤差が出てしまいます。
しかしSpectra Geospatial Focus 50なら自動で鉛直軸を補正するので、軟弱地盤や長時間の設置時でも安定した精度を発揮、また大幅な時間短縮が可能なため、高低差の大きい法面の計測や大型構造物の施工管理などに有効です。

<主な特長>
【Spectra Geospatial Focus 50主な特徴】
・「MagDrive™」により1秒間に90°の高速旋回
・傾き補正システム「SurePoint™」搭載
・オートフォーカス
・通信距離で選べる2モデル
Robotic(無線通信による中~長距離用)/ Autolock(Bluetoothによる近~中距離用) ノンプリズム距離 1,300m(KGC 90%)

※ 詳細は製品情報をご覧ください。

Spectra Geospatial Focus 50製品情報

<プレスリリース>
強力追尾で建設現場を支えるサーボトータルステーション『Spectra Geospatial Focus 50』リリース

この件に関するお問い合わせ:
株式会社ニコン・トリンブル ジオスペーシャル事業部 gs-info@nikon-trimble.co.jp

カテゴリ

アーカイブ

top
製品情報
利用分野から探す
分野、アプリケーションから探す
製品一覧から探す
サポート情報
ダウンロード情報
ソフト保守サービス(ご契約者様専用)
3D-CXサービス(ご契約者様専用)
税制優遇・補助金制度
GPS衛星情報
JSIMAの規格について
カタログPDFファイル一覧
FAQ(よくあるご質問)
その他技術情報
会社情報
会社情報
会社概要
企業理念・沿革
事業案内
調達
採用情報
採用情報
PEOPLE
職場環境
新卒採用
キャリア採用
キャリアパス
よくあるご質問
お知らせ
お知らせ一覧
イベント情報一覧
トピックス
 
SNS
Facebook(Agriculture | 精密農業)
Facebook(Geospatial | ジオスペーシャル)
Facebook(Building Solution | ビルディングソリューション)
YouTube(ニコン・トリンブル)
YouTube(精密農業)
YouTube(ビルディングソリューション)
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
株式会社ニコン・トリンブル

©2022 NIKON-TRIMBLE CO., LTD.