ニコン・トリンブルは、測量機器から、3D計測、BIM、精密農業まで、生産性向上に貢献する幅広いソリューションをご提供します。

株式会社ニコン・トリンブル

ニコン・トリンブルは、測量機器から、3D計測、BIM、精密農業まで、生産性向上に貢献する幅広いソリューションをご提供します。

株式会社ニコン・トリンブル

HOME
arrowお知らせ一覧
arrow測量・建設向け IMU一体型GNSS受信機「Trimble R12i GNSS」リリースのお知らせ

2021.05.18

測量・建設向け IMU一体型GNSS受信機「Trimble R12i GNSS」リリースのお知らせ

IMU搭載アンテナ一体型GNSS受信機

GNSS測位における限界をさらに追及し、生産性と作業効率を向上させたアンテナ一体型測量用GNSS受信機「Trimble R12i GNSS」をリリースいたします。

Trimble R12i

Trimble R12i GNSS受信機は、独自のIMU(慣性計測装置)テクノロジー「Trimble Inertial Platform(TIP)」を搭載。本体が傾いた状態でも内蔵のIMUセンサーが受信機の姿勢を検知し、ポール先端の座標値を算出します。
全て自動で行われるので、整準に神経をすり減らす必要がなく、誰でも簡単・スピーディーに高精度観測が行えます。

R12iは、崖の側や足場の悪い場所など、立ち入りの厳しい場所での観測時や、素早く観測したい交通量の多い道路での観測時、構造物に隣接する整準できない場所での観測時に大きく力を発揮します。
また、磁気の影響を受けないIMUベースのR12iは、車や鉄筋コンクリート等の金属製品、室外機の側などでの観測時にも、安定した精度を維持します。

<主な特長>
・国土地理院1級GNSS測量機 ・最新式第5世代エンジン「ProPoint」により、困難なGNSS環境での生産性の向上が期待されます
・IMUベースのTrimble独自の慣性プラットフォームTrimble Inertial Platform (TIP)搭載
・Trimble 360テクノロジは、取りこぼしのない672チャンネルを実現
・人間工学に基づくデザインにより、取り回しのしやすい受信機
・クイックリリースアダプタ採用によりポールへの着脱が簡単

※ 詳細は「Trimble R12i GNSS」製品情報をご覧ください。

Trimble R12i GNSS 製品情報

<プレスリリース>
斜め観測の手軽さが測量作業効率を大きく変える!高性能IMU搭載、アンテナ一体型GNSS受信機 『Trimble R12i GNSS』発売

この件に関するお問い合わせ:
株式会社ニコン・トリンブル ジオスペーシャル事業部 gs-info@nikon-trimble.co.jp

カテゴリ

アーカイブ

top
製品情報
利用分野から探す
分野、アプリケーションから探す
製品一覧から探す
サポート情報
ダウンロード情報
ソフト保守サービス(ご契約者様専用)
3D-CXサービス(ご契約者様専用)
税制優遇・補助金制度
GPS衛星情報
JSIMAの規格について
カタログPDFファイル一覧
FAQ(よくあるご質問)
その他技術情報
会社情報
会社情報
会社概要
企業理念・沿革
事業案内
調達
採用情報
採用情報
PEOPLE
職場環境
新卒採用
キャリア採用
キャリアパス
よくあるご質問
お知らせ
お知らせ一覧
イベント情報一覧
トピックス
 
SNS
Facebook(Agriculture | 精密農業)
Facebook(Geospatial | ジオスペーシャル)
Facebook(Building Solution | ビルディングソリューション)
YouTube(ニコン・トリンブル)
YouTube(精密農業)
YouTube(ビルディングソリューション)
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
株式会社ニコン・トリンブル

©2022 NIKON-TRIMBLE CO., LTD.