株式会社ニコン・トリンブル

株式会社ニコン・トリンブル

HOME
arrowお知らせ一覧
arrow測量・建設向け現場完結型3Dレーザスキャナ「Trimble X7」リリースのお知らせ

2020.08.31

測量・建設向け現場完結型3Dレーザスキャナ「Trimble X7」リリースのお知らせ

「シンプル・スマート・プロフェッショナル」な新時代を切り拓く地上型レーザスキャナ

小型・軽量・現場完結型3Dレーザスキャナ「Trimble X7」(測量・建設向け)をリリースいたします。

Trimble X7

Trimble X7は、「シンプル・スマート・プロフェッショナル」をコンセプトとし、簡単・正確・効率よくの「ワークフローの簡素化」に着目しました。
小型・軽量が実現する高い機動力、誰でも簡単に3Dデータが取得できる操作性、計測しながら自動合成・確認作業のシンプル化で、地上型3Dレーザスキャナを使い慣れていない方でも、安心して3次元地形測量が行えます。

今までの地上型レーザスキャナの導入に、多くの疑問や高いハードルを感じていたお客様にもベストソリューションとしてご提供させていただきます。

<主な特長>
・Trimbleレジストレーションアシスト機能(IMUを使用した自動合成による点群確認で、再測防止)
・オートキャリブレーション機能(機器の傾き ±5° =3″ 精度で自動整準、機器内部温度と周辺環境温度の補正、アルベドによる距離補正、スキャン中の振動を監視)
・高感度モード搭載(反射率の低い対象物も確実にスキャン)
・ラベルとアノテーション機能(現場の情報を画像やテキストに残し3次元位置に写真や情報を紐づけ)
・優れた耐環境性能によりどのような現場環境にも適合可能(-20° ~ +50°、IP55、回転しないセンターミラーで水や埃にも強い)
・多彩な出力データ群(E57/RCP/POD/PTX や、Trimble RealWorks や Trimble Business Center で展開可能な TZF/TDX)
・5.8kg/軽量三脚/バックパックにすべてを収納可能、現場を選ばない利便性・機動性
・高性能タブレットPC Trimble T10 搭載の Perspective ソフトウェアに高速 Wi-Fi 通信でデータを自動転送
・スキャン直後に表示する、3次元点群ビューとステーションビューで観測漏れや点密度の確認を即座にチェック(Perspectiveソフトウェア)
・Perspectiveソフトウェアに表示する点群から「高さ・幅・長さ」など観測作業中に、その場で計測が可能

※ 詳細は「Trimble X7」製品情報をご覧ください。
Trimble X7(測量・建設向け)製品情報

<プレスリリース>
計測作業が驚くほど簡単・楽になる、現場完結型3DレーザスキャナTrimble X7(測量・建設向け)をリリース

この件に関するお問い合わせ:
株式会社ニコン・トリンブル ジオスペーシャル事業部 gs-info@nikon-trimble.co.jp

カテゴリ

アーカイブ

top
製品情報
利用分野から探す
分野、アプリケーションから探す
製品一覧から探す
サポート情報
ダウンロード情報
ソフト保守サービス
カタログPDFファイル一覧
GPS衛星情報
JSIMAの規格について
その他技術情報
FAQ
会社情報
会社情報
会社概要
企業理念・沿革
事業案内
調達
採用情報
採用情報
PEOPLE
職場環境
職種
キャリアパス
よくあるご質問
お知らせ
お知らせ一覧
イベント情報一覧
トピックス
 
SNS
Facebook(Agriculture | 精密農業)
Facebook(Geospatial | ジオスペーシャル)
YouTube
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
株式会社ニコン・トリンブル

©2020 NIKON-TRIMBLE CO., LTD.