株式会社ニコン・トリンブル

株式会社ニコン・トリンブル

HOME
arrowお知らせ一覧
arrowMTSAT SBAS配信サービスのみちびき3号機への移行について

2020.03.31

MTSAT SBAS配信サービスのみちびき3号機への移行について

MSASを使用したDGPSで弊社製品をご利用のお客様へ

みちびき(QZSS)の運用に関する情報提供を行っている内閣府宇宙開発戦略事務局ウェブサイトにて、2020年4月より稼働中のMTSATからの補正情報配信をみちびき3号機に移行、現行のMSASと同等の信号を放送開始予定である旨が掲載されています。

 

弊社としましては、これまでご利用いただいておりますお客様には特別な操作やバージョンアップが必要なくご利用いただけると考えておりますが、内閣府の発表に基づき、みちびき3号機からの放送開始後に下記GNSS受信機の動作確認の実施を予定しております。


【対象製品】
○ 1周波GNSS・・・SPS351、SPS356、(既にメンテナンスを終了しているDSM 232/332、AgGPS 124、GPS Pathfinderシリーズ)
○ ハンドヘルドGNSS・・・Trimble SB、Trimble 3B/3C、Trimble T41、Geoシリーズ
○ 農業用ガイダンスシステム・・・CFX-750、Trimble GFX-750、EZ-Guide 250/500、Trimble FMX
○ その他弊社から販売している2周波GNSSでDGPSモードで使用している受信機


※内閣府宇宙開発戦略事務局発表の詳細内容につきましては、同ウェブサイトの「みちびきについて > FAQ(よくある質問)」の「SBAS配信サービスについて」の項を参照ください。
https://qzss.go.jp/overview/faq/index.html#faq7_12(外部サイト)

カテゴリ

アーカイブ

top
製品情報
利用分野から探す
分野、アプリケーションから探す
製品一覧から探す
サポート情報
ダウンロード情報
ソフト保守サービス
カタログPDFファイル一覧
GPS衛星情報
JSIMAの規格について
その他技術情報
会社情報
会社情報
会社概要
企業理念・沿革
事業案内
調達
採用情報
採用情報
PEOPLE
職場環境
職種
キャリアパス
よくあるご質問
お知らせ
お知らせ一覧
イベント情報一覧
トピックス
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
株式会社ニコン・トリンブル

©2020 NIKON-TRIMBLE CO., LTD.