株式会社ニコン・トリンブル

株式会社ニコン・トリンブル

HOME
arrowお知らせ一覧
arrow「Trimble Business Center(出来形版)」 商品名改訂のお知らせ

2018.12.11

「Trimble Business Center(出来形版)」 商品名改訂のお知らせ



Trimble Business Center(出来形版)をご使用のお客様へ

平素は、弊社製品をご使用いただき誠にありがとうございます。
Trimble Business Center の Ver. 5.00リリースに伴い、測量・調査向け総合ソフトウェア「Trimble Business Center(出来形版)」の商品名を「Trimble Business Center Pro」に変更することをお知らせいたします。

本ソフトウェアは、「陸・海・空」において地上レーザースキャナやUAV等で計測した3次元点群データの編集から、2D-CAD、3D-CADによる汎用編集、各種土量計算、3次元設計データ作成、出来高の数量計算、出来形管理帳票作成などのi-Construction業務に関する成果、そして国内で発生する地震・豪雨災害などにおける、災害復旧など、様々な分野で活躍する3次元総合ソフトウェアです。

画像サンプル
画像サンプル
画像サンプル
画像サンプル

<主な特長>

・UAV、地上レーザースキャナ等で取得した大量点群データの登録と合成、間引き、サーフェス化
・3次元設計データの作成、横断図の3次元化機能
・差分体積を計算しレポートを作成する、三次元数量レポート(点高法・TIN分割法・プリズモイダル法)
・面上を任意に指定し断面図を作成する、任意断面図・任意断面図シート一括作成
・PDFファイルをイメージ、ベクトルでインポート
・出来高数量算出、出来形帳票作成(出来形管理図表)
・3D-CAD・3D-PDF出力機能搭載
・各種点群データ入出力、LandXML(三次元設計データ)入出力に対応

<動作環境>

オペレーティングシステム Microsoft Windows 10 (64ビット版)
Microsoft Windows 8 (64ビット版)
Microsoft Windows 7 Service Pack 1 (64ビット版)
プロセッサー デュアルコア1.80GHz以上を推奨
Aerial PhotogrammetryモジュールおよびScanningモジュールを使用する場合はクアッドコア2.80GHz以上(Intel i7-860 2.8GHzなど)を推奨
搭載メモリ 2GB以上を推奨
Aerial PhotogrammetryモジュールおよびScanningモジュールを使用する場合は32GB以上を推奨
ハードディスク容量 5GB以上を推奨
Aerial PhotogrammetryモジュールおよびScanningモジュールを使用する場合はソリッドステートドライブ(SSD)上に100GB以上の空き容量が必要
グラフィックカード ポイントクラウドデータを操作する場合、OpenGLバージョン3.2以降が必要(最新バージョンを推奨)

推奨スペックはあくまでも目安です。データサイズにより、処理スピード等が大きく変わります。 お客様のより良い作業環境を確保するためには、上記推奨スペックより上の動作環境をご用意下さい

この件に関するお問い合わせ
株式会社ニコン・トリンブル サーベイ営業部(TEL:03-5710-2596)

カテゴリ

アーカイブ

top
製品情報
利用分野から探す
分野、アプリケーションから探す
製品一覧から探す
サポート情報
ダウンロード情報
ソフト保守サービス
カタログPDFファイル一覧
GPS衛星情報
JSIMAの規格について
その他技術情報
会社情報
会社情報TOP
会社概要
事業内容
経営理念・沿革
調達
採用情報
採用TOP
職種
職場環境
キャリアパス
よくあるご質問
お知らせ
お知らせ一覧
イベント情報一覧
トピックス
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
株式会社ニコン・トリンブル

©2019 NIKON-TRIMBLE CO., LTD.