Trimble

Trimble XR10

with HoloLens2

施工BIMを実現するヘルメット一体型
Mixed Realityデバイス

BIMの未来が、見える

BIMの未来が、見える

Microsoft社の最新Mixed Realityデバイス
HoloLens2をベースに、 Trimble社が建築の現場向けに開発したヘルメット一体型デバイスTrimble XR10。
株式会社ニコン・トリンブルが国内販売に向けて準備致しております。

HoloLens1に新たに骨伝導通信システムを搭載したHoloLens2。従来よりも画角・画質が大幅に向上、さらに指・目・声の三つを用いた直感的な操作が可能となり、施工性の高い3Dデータ運用を推進します。

施主、設計者、施工者の合意形成のためのソリューション

施主、設計者、施工者の合意形成のための
ソリューション

設計段階での合意形成から施工現場の進捗・干渉確認まで、ワークフローを最適化する

従来の建築・設備施工では、設計図から施工までに幾つもの段階を経る必要があったため、時間がかかる上に知識・スキルの差による解釈の違いによる手戻りが施工の効率化を阻んでいました。
Trimble XR10とクラウドサービスTCH(Trimble Connect for HoloLens)を活用することにより、設計段階から3Dデータで関係者間の合意形成を図ることが可能になります。
Trimble XR10は、ワークフロー各ステージで運用可能なBIMデバイスとしてビジネスの効率化を推進致します。

Trimble XR10が施工性の高いBIMを現場で実現

Trimble XR10が施工性の高いBIM

現場で実現

3D図面を現実世界に重ね合わせることができるMixed Realityデバイス

現場のオブジェクトに3Dデータを重ねて確認することで、2Dデータでは見過ごしたダクトの干渉部分を現場で早期に発見し、速やかに対応することが可能となります。
また関係者内で現場の課題を可視化して共有できるので、手戻りの最小化が図れます。
Mixed Realityの活用で、作業時間とコストを大幅に削減することが可能です。

建築の現場を変えるTrimble XR10と標準付属品

建築の現場を変える
Trimble XR10と
標準付属品

建築施工の現場用に開発されたヘルメット一体型デバイス

HoloLens2とヘルメットが一体型になることで建築施工現場でも安全に使用できます。
さらに騒音内でも快適に音声通信ができる骨伝導通信デバイスmobi-WAN、特殊環境下でも快適にコミュニケーションをとることが可能です。

CONTACT US

お問い合わせ

株式会社ニコン・トリンブル

ビルディングコンストラクション営業部

Mail:bc_info@nikon-trimble.co.jp

TOP