TOWISE Version 2.0.2.0

下記からリビジョンアッププログラム、アップデート内容のダウンロードが可能です。
ダウンロード方法
1. 下記のファイル名(TOWISE2020UP.exe)をクリックします。
2. ファイルの処理方法のウィンドウが開きますので、「保存」を選択してOKを押します。
3. 保存場所を指定しOKを押すと、ファイルがダウンロードされます。
インストール方法 (ダウンロード終了後)
保存先の「TOWISE2020UP.exe」をダブルクリックすると、自動的にインストールを開始します。
ウイザード形式ですので、画面の指示に従ってインストールを完了してください。

 TOWISE Version 2.0.2.0 リビジョンアップ
 ファイル名  TOWISE2020UP.exe  対応するバージョン  Ver.2.0.0.0〜2.0.1.0
 サイズ  33,629KB  公開日  2007.05.23
 (1) 既存アプリケーションの改良
GPS関連の各アプリケーション(GPS地形応用、GPS スタティック基準点、GPS RTK基準点)に、GPS法による地籍測量計算成果である、精度管理表、成果簿の作成機能を追加しました。
「線形読込」で線形路線パートの情報の取得と同時に、縦断手簿・現況縦断を自動作成する機能を追加しました。
画地の塗りつぶし設定において、塗りつぶしパーセント(10/25/50/75%)を指定できるように改良しました。
大量データのトラバース計算の処理スピードが、これまでに比べて約50%程度早くなるように改良しました。
【現況DM編集パッケージ】
図形要素の端点に、Z値の割り当てを行うコマンドを追加しました。
【GPSスタティック基準点】
局所ジオイドモデルによる新点の標高決定と、仮定網平均結果基線の球面距離補正に対応しました。
 (2) 新規アプリケーション(オプション)リリースのお知らせ
本リビジョンアップとともに、下記の新規アプリケーションの出荷を開始いたします。お使いいただくには、いずれも追加でのご購入が必要となります。
 地籍測量(FG工程)

地籍調査作業規程準則のF工程(地籍細部測量)及びG工程(地積測定)作業における、各種測量計算、成果作成に対応した「地籍測量(FG工程)」を新規アプリケーションとしてリリースしました。 大量のデータを取り扱うことが多い地籍調査業務ですが、当アプリケーションでは、これまでのシステム(CAMBAS)の操作性を継承しつつ、さらに作業の省力化・自動化を向上させた各種機能を搭載しました。
<主な機能>
・ 弊社フィールドシステム「Trimble M5/M3地籍観測編」とのデータ連携の強化
・ 図面作成・編集作業の自動化(地番の自動配置、見出図の自動作成など)
・ スプレッドシート(表形式)を採用し、大量データの入出力・編集を効率化

 地籍2000コンバータ
地籍調査成果の数値情報化データファイルである「地籍フォーマット2000 Ver.1.0」の書き出し・読み込み機能を搭載した、「地籍2000コンバータ」を新規アプリケーションとしてリリースしました。 上記機能に加えて、地目コードの変換対応表も装備しています。
 改良内容に関する資料
TOWISE Version 2.0.2.0 アップデート概要 [PDF: 662KB]
TOWISE Version 2.0.2.0 アップデート機能一覧 [PDF: 85KB]

本リビジョンアップはTOWISE Version 2.0.0.0〜2.0.1.0へインストール可能です。
それ以前のバージョンへのインストールはできませんのでご注意ください。

ここに収録した技術資料については、それぞれの文書に記載されている注意に従ってお取り扱いをお願いいたします。本技術資料を使用したことによる不具合、損害については株式会社ニコン・トリンブルでは責任を負いません。内容の不備や疑問についてはご遠慮なくお問い合わせください。 すべての文書の版権は株式会社ニコン・トリンブルおよびTrimble Navigation Limitedが所有します。
Get ADOBE READER 製品情報ページからダウンロードできるカタログ・技術情報などのPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合にはAdobe社のホームページからダウンロードしてください。