Trimble SKY Controller Ver.1.2.0.0


下記からアップデート概要/一覧のダウンロードが可能です。

■ インストール方法

※ ダウンロードファイルはありません。

本体がインターネット接続ができる環境でのアップデートとなります。

■ インターネットによる自動アップデート方法

「観測プロジェクト選択」画面より、

「機能メニューキー」 ⇒ 「プログラム情報」 ⇒ 「最新バージョンの確認」

の順にタップすることでアップデートを実行できます。

・ SKY Controller Ver.1.2.0.0 へのアップデート方法 [PDF: 352KB]

 バージョンアップ対象

本バージョンアップは、2017年10月31日までに保守契約(6-C)にご加入のお客様、もしくは

下記無償バージョンアップ対象のお客様が対象となります。


【無償バージョンアップ対象のお客様】

2017年8月1日以降にTrimble SKY ControllerセットまたはSKY Controllerソフトウェア単体を

ご注文いただき、弊社より出荷されたお客様が対象です。

※ 上記以外のお客様でアップデートをご検討の際は、お買い求め先へお問合せください。

 Ver.1.2.0.0 での改訂内容

  • 共通

    「ヘルプ表示」の項目を追加しました。

  • 受信機管理

    「受信機調整」の項目を追加し、従来の「気泡管キャリブレーション(気泡管センサ調整)」に加えて

    「磁気センサ調整」、「方位センサ調整」を行えるようにしました。

  • VRS/RTK観測

    @ 較差チェックを平面直角座標系から三次元直交座標系で行うように修正しました。

    A 観測スタイル編集の観測タブに「R10チルト補正」の項目を追加しました。

  • 観測データ

    @ 優先フラグの設定をTOWISEと統一しました。

    A 同一観測点が100点を超えた際、GG1内の点番が欠損する件を修正しました。

  • 初期化チェック

    再FIXした際、初期化チェックが行われない件を修正しました。

  • スカイプロット

    @ スカイプロット上のQZSSが常に193となっている件を修正しました。(QZSS衛星2号機対応)

    A QZSS衛星2号機を補足すると強制終了する件を修正しました。

    B 「リスト」タブに、衛星の個別ON/OFF機能を追加しました。

    C QZSS衛星の番号表記を「193、194、・・・」から「1、2、・・・」に変更しました。

  • 観測スタイル

    GALILEO衛星の信号表記を「E5AltBOC」から「E5」に変更しました。

 改良内容に関する資料

 Trimble SKY Controller Ver.1.2.0.0 アップデート概要 [PDF: 466KB]

 Trimble SKY Controller Ver.1.2.0.0 アップデート一覧 [PDF: 288KB]

本バージョンアップは、Trimble SKY Controller Ver.1.0.1.0以降 が対象です。

ここに収録した技術資料については、それぞれの文書に記載されている注意に従ってお取り扱いをお願いいたします。本技術資料を使用したことによる不具合、損害については株式会社ニコン・トリンブルでは責任を負いません。内容の不備や疑問についてはご遠慮なくお問い合わせください。 すべての文書の版権は株式会社ニコン・トリンブルおよびTrimble Navigation Limitedが所有します。

Get ADOBE READER

製品情報ページからダウンロードできるカタログ・技術情報などのPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合にはAdobe社のホームページからダウンロードしてください。