表(しるす)+ Version 1.1.4.0

2009年9月30日より表+ Version 1.1.4.0の出荷を開始いたしました。
本ページでは、Version 1.1.4.0のご導入方法や改良内容について、ご案内いたします。
【アップグレード対象】
「表+」をお持ちの全ユーザー様が「表+ Version1.1.4.0」へアップデートが可能です。
【インストール方法】
HomePageからのダウンロードはありません。ご購入販売店様より、「表+ Version1.1.4.0」インストールCDを
お届けいたします。
インストールにはCDとお手持ちの管理FDをご使用ください。

 表+ Version1.1.4.0 リビジョンアップ
 改良内容

オンライン申請関係の機能追加・変更
平成20年1月15日から実施された、不動産登記オンライン申請の利用促進策(特例方式等)に対応しました。 
登記識別情報提供様式の作成支援を装備しました。
乙号オンライン申請の私書箱交付に関する対応を行ないました。
事件一覧の画面から、法務省オンライン申請システムのログイン画面の起動や、申請フォルダのパスのコピーができるようになりました。
申請後に発行される登記完了証(公文書)を、法務省オンライン申請システムの処理状況確認の画面からダウンロード取得する際の支援機能を装備しました。
“表+”のオンライン申請データ編集画面から、法務省提供の申請書作成支援ソフトの「オンライン物件検索」機能が利用できるようになりました。
オンライン申請データのデータチェック時に、それらのファイルサイズをチェック対象とし、ファイルサイズチェックのみを行う機能も装備しました。
事件一覧に、各事件のオンライン申請フォルダの状態を表示できるようになりました。
調査士法人への対応、調査報告書の機能追加
個人事務所か調査士法人かによって、書類に反映するデータ等を切替えることができるようになりました。
入力一覧から不動産調査報告書へデータを反映する際や、不動産調査報告書から入力一覧等へデータを反映する際に、反映の対象となるデータを切替えられるようになりました。
不動産調査報告書と入力一覧の互いの情報反映が強化されました。
年計報告資料(取扱事件年計表)及び事件簿の様式を変更しました。
請求書一覧や請求書編集画面から請求書を印刷する際、見積書や請求書等、印刷する種類を自由に組み合せて選択できるようになりました。
会計帳票(請求一覧、売上一覧など)をA4サイズで作成できるようになりました。
※詳しくはインストールCDに格納されている「Ver.1.1.0.0〜1.1.4.0 改訂内容説明書」をご覧ください。

ここに収録した技術資料については、それぞれの文書に記載されている注意に従ってお取り扱いをお願いいたします。本技術資料を使用したことによる不具合、損害については株式会社ニコン・トリンブルでは責任を負いません。内容の不備や疑問についてはご遠慮なくお問い合わせください。 すべての文書の版権は株式会社ニコン・トリンブルおよびTrimble Navigation Limitedが所有します。
Get ADOBE READER 製品情報ページからダウンロードできるカタログ・技術情報などのPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合にはAdobe社のホームページからダウンロードしてください。