efit+ for RECON Ver.1.04

TOWISE 縦横断測量と一部改良を搭載した「TOWISE Version1.1.6.0」をリリースいたしました。
下記からリビジョンアッププログラム、アップデート内容のダウンロードが可能です。
 
ダウンロード方法
1.下記のファイル名(recon_file_104.exe)をクリックします。
2.ファイルの処理方法のウィンドウが開きますので、「保存」を選択してOKを押します。
3.保存場所を指定しOKを押すと、ファイルがダウンロードされます。
 
インストール方法 (ダウンロード終了後)
保存先の「recon_file_104.exe」は自己解凍型のファイルです。
ダブルクリックすると解凍を開始しますので、任意の場所に解凍してください。
※バージョンアップデータ、バージョンアップ手順書の2ファイルが解凍されます。
インストールは解凍先にある手順書にしたがって操作してください。

 efit+ for RECON Ver.1.04  リビジョンアップ
 ファイル名  recon_file_104.exe  対応する元Ver.  Ver.1.0x
 サイズ  2,451KB  公開日  2005/07/20
 Ver.1.04での改訂内容
静止/高速静止測量 PCV補正に対応したアンテナ測定種別に「アンテナマウント底部」の選択を追加。
RTK/DGPS ポートの切り替え機能に対応。
TS連動 ポートの切り替え機能に対応。M3/M5をTSリストに追加。
TS連動 Flex−rとの連動で鉛直角の誤値が読み込まれるときがある件を修復。 ※但し、この現象は、鉛直角が安定するまで時間を置くか(3、4秒)、正側のみでの観測や、チルト補正を外しているときにはほとんど、発生しないものです。
座標送受信 メモリカードのルート以外でもファイルを使用できるように対応。
平面復旧 ファイルからの復旧がカード以外のドライブでも出来るように対応。
平面観測 精度検査画面の倍角(差)を間違ってしまうことがあった件を修復。
縦横断送信 縦断観測のレベル観測で、変化点・任意点の時、杭下値が0.0mでも、出力の対象にしていた件を修復。
境界点間 観測距離の制限値が間違ってしまうことのある件を修復。
システム 丸め処理で、数値小数部に7桁以上あるとき繰上げ状態になっていた件を修復
 Version1.01〜1.03の改訂も含んでいます。内容につきましては各改良一覧をご覧下さい。

 

ここに収録した技術資料については、それぞれの文書に記載されている注意に従ってお取り扱いをお願いいたします。本技術資料を使用したことによる不具合、損害については株式会社ニコン・トリンブルでは責任を負いません。内容の不備や疑問についてはご遠慮なくお問い合わせください。 すべての文書の版権は株式会社ニコン・トリンブルおよびTrimble Navigation Limitedが所有します。
Get ADOBE READER 製品情報ページからダウンロードできるカタログ・技術情報などのPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合にはAdobe社のホームページからダウンロードしてください。